about sizuc
backnumber
link
shidamachi

きらめき光る 御前崎の冬

 「遠州のからっ風」と言われる、偏西風が強まると静岡県最南端の岬のまち御前崎にも本格的な冬が到来します。
澄み切った空気は、イルミネーションの光りや朝日と夕陽に代表する自然の景観をいっそう美しく輝かせてくれます。御前崎のイルミネーション&キャンペーンのご紹介です。
 御前崎市役所前を東西に走る道路のけやき並木を飾るイルミネーションは、御前崎市商工会主催のイルミネーション事業として毎年開催されています。市役所西側の交差点から東に次の信号機まで、約500mの区間に並ぶ55本のけやきを飾るブルー、ホワイト、シャンパンゴールドの3色で彩られたイルミネーションです。12月9日に開催された御前崎市商工会のクリスマス会で点灯式が行われ、市内の子どもたちの元気な声でのカウントダウンで点灯しました。2013年1月20日日曜日まで、夕方5時から夜10時までの時間、毎日点灯します。
 御前崎観光物産館「なぶら館」前の「御前崎丸」のイルミネーションは、毎年クリスマスシーズンからお正月までの恒例イベントです。御前崎海鮮なぶら市場に隣接したなぶら館は駐車場も広く、ヤシの木通り沿いのため道路からも楽しむことができます。船体とその下のスペースを2万球の電飾で飾り、まるで光りの海をゆく船のように「海のまち・御前崎」の象徴として輝きます。12月1日からスタートし、2013年1月6日日曜日までの午後4時30分から10時まで点灯します。大晦日の夕方から元旦の朝まではオールナイトでの点灯も予定しています。
 御前崎市観光協会に加盟する御前崎市内の宿泊店を対象に「冬も"ホッと"なキャンペーン」を開催中です。12月31日までにご宿泊の方に、伊勢エビ汁の無料サービスが行われています。キャンペーン参加の会員店は、市内10店舗の宿泊施設となります。冬の澄み切った空気の中で、朝日と夕陽、両方を観ることができる御前崎は、夏とはまた違った魅力を感じていただけるのではないでしょうか。また、秋に漁が解禁となる伊勢エビや、市内び静岡県温水利用センターが国内初の卵からの「完全養殖」に成功しまぼろしの魚「クエ」も楽しめます。